ありのままの2歳バースデー記念

先月の出張撮影を振り返ってみたいと思います。

 

長年の大切な友人が

お子さんの節目節目に

撮影を依頼してくれるのです。

6ヶ月→1歳→1歳6ヶ月と撮影してきて、

今度は2歳のバースデー。

 

およよ?

バースデーセットには目もくれず

彼の中でマイブームの

椅子を使った

運転士ごっこをやっていますね。

 

楽しそうな表情。

 

次はブルドーザーに変身。

あわわ、ケーキの頭が!

 

記念写真を撮るのに、きちんとしなくてもいい

セットの前でおとなしく座ってほしい

そう思うのが親心ですよね。

でも、ありのままを撮ってみるのも

すごくおすすめですよ。

その時のリアルがそのまま、

写真に残りますから。

 

立ってみたり。

 

またいでみたり。

 

足が引っかかって転んでみたり。

 

片時もじっとしない。

これぞ2歳児だよな〜って思うんですよね。

観察(実際には撮影しているんだけど

厳密にいうと撮影は観察を同時にしていると思う)

していると、

「そんな風にして遊ぶんだ」と、

こちらも刺激になるのです。

 

今度は近所の公園へお散歩

ご近所さんから借りているという

ストライダーがお気に入りです。

 

おっと、泣いている??

 

お父さんはうちの次女を見てくれていて

遅れて来たのですが

「お父さんがついて来てくれない」と

泣いてしまったようです。

※通常、出張撮影では子供を連れて行きませんが

この時は承諾をもらって子連れで撮影していました。

 

気を取り直して公園へレッツゴー!

 

お気に入りの遊具。

 

こわごわ乗るブランコ。

 

女子に囲まれる。

(うちの娘たちです)

 

最後、家に戻った時には

こんなお茶目なシーンも見せてくれました。

 

2歳児とは、自由なものである

自由な2歳児。

あんな姿やこんな姿が見れて、

本当に楽しい撮影でした。

 

ありのままの姿。

後から見返したら

グッと心に迫るものがあるはずです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です